医療機器メーカー転職サイトランキング

医療機器メーカーの転職を成功させるポイント

「こんなはずじゃかった...」「面接で聞いていた内容と違う!」など就業後にミスマッチが発生しないように、転職の際には事前に転職サイトでコンサルタントに、希望や条件に見合った企業をしぼってもらうことをおすすめします。

中でも特に人気がある転職サイトはリクルートエージェントです。医療機器メーカーの非公開求人も多数扱っていますので、まずは登録してみるとあなたにピッタリの求人案件が見つかるかもしれませんよ。

医療機器メーカーの転職をするなら↓をチェック!

  サービス名 利用料金 支援エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・転職する意思が決まっていなくても登録OK。自分のライフスタイルに合わせて利用可。
・独自に収集した仕事のやりがいや環境など、医療機器メーカーの求人情報を残さず提供。
業界最多5万5000件の非公開求人の中から外資系企業・上場企業・従業員数に応じて検索。
・公開されている求人の採用予定人数で掲載。キーワード検索で探したい企業も一発抽出。
医療機器メーカーへ企業インタビュー。代表役員からの求められる能力や将来像を紹介。
面接官が口にしない不採理由のポイントも徹底伝授。本番で失敗しない面接力を指導。
転職チェックリストを使って医療機器メーカーへの応募タスクも忘れることなく計画。
・医療機器業界の専門用語・転職支援用語集の活用で、面接の前に事前に勉強できます。

マイナビエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・業界別の専門ページで、医療機器業界の転職市場をプロの目線からレポートしています。
医療機器業界に精通した専任のコンサルタントが常駐。転職に関する悩みを常時受付。
・プライバシーに配慮した個別面談ルームでカウンセリング。希望や要望を教えて下さい。
・Iターン・Uターンにも対応した医療機器メーカーへの転職相談会やセミナーを開催。
・求人票では掴めない医療機器メーカーの環境や雰囲気から面接の難易度まで情報提供。
・職務履歴書を添削アドバイス。面接時に人柄を伝えられる推薦状でバックアップします。
・面接担当者に興味を持ってもらえる対策で、自分を上手くアピールして採用に繋げます。
・採用が決まった後でも、勤務するために必要とされる条件の交渉・調整は代行します。

DODA 無料 全国 ★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
公開されてない非公開求人のスカウトメールを配信。競争率の低い求人を案内できます。
・DODAと業務提携している転職エージェントの医療機器メーカー求人も提案しています。
転勤なし・研修制度充実・育児支援制度など希望する条件から医療機器メーカーを紹介。
平日の夜・土日開催スケジュールの合同転職面談会で人事採用担当者へ問い合わせ可能。
・職歴・学歴を公式サイトから入力するだけで、自分の適正な年収を査定してもらえます。
・医療機器メーカーへの転職で採用されやすい年齢・転職回数・前職の業種や職種を分析。
DODAを経由しての応募と直接自分で企業へ応募。2種類の方法から選ぶことができます。
・転職支援サービスの停止・再開は、都合に合わせてマイページからいつでも自由に変更。

医療機器メーカーの求人事情は?

医療機器メーカーは近年になって市場の変化が見られています。これは2014年改正薬事法(医薬品医療機器等法)などもあり、新規の医療機器の承認がスムーズに行われるようになったのも大きな要因です。高齢化が進む日本では予防医学の重要性が指摘されるようになっており、薬剤と同様、医療機器の積極的な活用が国の側から求められているのです。そのためこれまで以上に各医療機器メーカーが新製品の開発や販売に積極的になっている面があり、求人に関しても活発な状況が見られています。

この医療機器メーカーの求人事情に関してはいくつかのポイントがあります。まず大手企業が定期的な採用を行っている点。新卒はもちろん中途採用も行っているので、この分野に転職を目指す場合には、まずこれらの求人をチェックするのが一番の近道でしょう。

それから事業の拡大や新たな分野への進出を推し進めているメーカーが増えている点。たとえば外資系はもともと医療機器メーカーの分野で強い勢力を握っていますが、さらに積極的な市場の開拓とシェアの拡大に意欲を見せている状況です。外資系で働きたいという方にとってはチャンスが大きいといえるかもしれません。

この点で見逃せないのは、もともと医療機器を扱っていなかった一般機器メーカーの新規参入が見られている点です。先ほども挙げた高齢化などの影響で、医療機器が将来性豊かな分野として判断されることで、こうした新規参入のケースが見られているのです。まだ従来の医療機器メーカーと本格的に競合する段階には至っていませんが、その分優れた人材を積極的に採用している段階でもあり、また新たな転職先としての可能性や魅力にあふれている選択肢ともいえます。そうなると転職先を探す際には企業の知名度や実績だけで判断するわけにはいかず、将来性も踏まえた上で判断していく必要も出てきます。

もうひとつ、求人事情のポイントとなっているのが営業職です。これまで指摘したように市場全体が活性化しているため、どのメーカーでも営業職の強化を進めている状況です。よい製品を作るだけではなく「売れる製品」作りが求められている時代でもあり、営業の分野で優れた人材が求められています。医療機器メーカーの勤務は未経験でも、他の業種で営業の実績がある場合には転職の際に高く評価され、採用に有利になる傾向も見られるのです。ただこの分野の営業職は厳しいノルマや成果主義を大々的に導入しているところが多く、自分に向いているかどうかをしっかりと判断したうえで転職先を選ぶ必要もあります。

TOP

医療機器メーカー転職の基礎

条件別の医療機器メーカー求人

大手医療機器メーカーの採用情報


Copyright (C) 2014 - 2018 医療機器メーカー転職サイトランキング All Rights Reserved.