営業マン採用の医療機器メーカー求人

医療機器メーカー求人TOP >> 条件別 >> 営業マン採用の医療機器メーカー求人

営業マン採用の医療機器メーカー求人

このサイトに掲載されている転職エージェントのDODAが2008年4月から2012年9月の間にかけて自社に登録し、医療機器メーカーの営業から同じ医療機器営業職に転職した方の平均年収を発表しています。それによると転職した25歳から29歳の医療機器メーカーの営業マンの年収は平均で481万円で、7%のアップで金額に換算すると30万円の年収アップでした。30歳から34歳の営業マンの転職後の年収は平均で633万円で、同じ7%アップで金額に換算すると43万円の年収増でした。

しかし35歳から39歳で転職した方の平均年収は722万円で、逆に1%のダウンで金額に換算すると約10万円年収が減少しています。これは医療機器メーカーの営業マンの給与にはさまざまな手当や営業成績に応じたインセンティブがあるのが一般的で、DODAのデータは採用時の提示額で算出されているためです。そのため35歳から39歳の年代の転職者の平均年収はインセンティブも含めると、実際には年収アップしているケースの方が多いようです。

転職後の最高年収は25歳から29歳の方では640万円で、30歳から34歳の方では875万円で35歳から39歳で転職した方の場合は1106万円でした。ただ転職者の中には循環器系のカテーテルや脳外科で使う高額な手術機器や、大型診断機器などを販売する営業マンの場合にはインセンティブも高く、30代でも年収が1200万円から1500万円を越すケースもあります。医療機器メーカーの営業マンは病院などを訪れ、医療の現場で働く医師や臨床工学技士や臨床検査技師などに、自社の製品の特徴や良さをアピールします。

医療機器メーカーの営業マンは自社の製品の説明は元より、さまざまな医療知識を習得することが不可欠です。そのためには普段から専門書や論文を読んだり、学会に出席したりと勉強が大事です。また医師など医療関係者から高い信頼を得ている営業マンは転職しても、同じ病院の医療関係者から転職先の製品を購入してもらえる可能性が高いと言えます。同じ医療機器の営業でもディーラーの営業マンは一社ではなく、さまざまなメーカーの医療機器を取り扱っています。

それに対して医療機器メーカーの営業マンは自社の製品に対して、誇りを持ち高い専門知識を武器に営業を行います。そのためディーラーの営業と比べるとメーカーの営業マンは、医療機器の高い専門的な知識がキャリアとして構築されます。もし営業マン採用の医療機器メーカーの求人に興味がある方はこのサイトに掲載されているリクルートエージェントや、マイナビエージェントなどの転職エージェントに登録すれば年収アップも夢ではありません

医療機器メーカーの転職をするなら↓をチェック!

  サービス名 利用料金 支援エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

医療機器メーカー転職の基礎

条件別の医療機器メーカー求人

大手医療機器メーカーの採用情報


Copyright (C) 2014 - 2018 医療機器メーカー転職サイトランキング All Rights Reserved.