医療機器メーカーの求人倍率

医療機器メーカー求人TOP >> 医療機器メーカー転職の基礎 >> 医療機器メーカーの求人倍率

医療機器メーカーの求人倍率

景気動向にあまり影響を受けずグローバルな世界市場の規模が約28兆円の、医療機器メーカーの日本の主な24社の2013年度の業界規模は約2兆円です。日本の医療機器メーカーの業界規模は2005年から堅調な増加傾向で、この背景には先進国の中でも急速なスピードで進んでいる高齢化があります。2014年9月14日に総務省が発表した人口推計によると、65歳以上の高齢者の方々が総人口に占める割合が25.9%と、初めて4人に1人になりました。

また今後は他の先進国でも高齢化が進むことが考えられる上に、新興国では経済発展に伴って医療水準の向上が予想されます。医療機器業界はもともと景気の動向の影響を受けにくいと言われていて、リーマンショックなどの世界的な金融危機の時でさえ、国内の他の業界の企業が業績を悪化させる中で多くの医療機器メーカーは業績を伸ばしてきました。

こうしたことから国内の医療機器業界にも他の業種から参入する企業が増えていて、2012年12月には旭化成がアメリカの医療機器メーカーのゾール・メディカルを約1840億円で買収しました。これはアメリカにある旭化成の会社を通じてTOBと呼ばれる株式公開買い付けでゾール・メディカルの株式の100%を取得したもので、アメリカの救急救命分野が年に7%の割合で成長を続けていて、旭化成では石油化学や住宅事業と共に3本目の柱として医療機器事業を育成する考えです。

また翌年の2013年4月にはソニーが光学機器メーカーのオリンパスに500億円を出資し、合弁会社「ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ」を設立すると発表しました。オリンパスは巨額の損失隠しで経営が悪化し支援する企業を探していましたが、テレビ事業が不振のソニーはオリンパスの主力事業の医療分野に新たに参入することで共に経営不振からの脱却を図る考えです。

医療機器メーカーの求人倍率ですがソニーが本来はデジタルカメラ用に使用されている画像センサーを使った内視鏡を開発したり、キヤノンが癌の早期発見が可能な診断装置を開発するなど他業種の求人も活発化しています。そのため求人倍率も他の業種と比べても堅調な動きを見せています。もし医療機器メーカーについてもっと詳しく知りたい方はこのサイトに掲載されている、リクルートエージェントやマイナビエージェントのような転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの専任の担当者が医療機器メーカーについてだけでなく、求人の紹介や採用基準についても教えてくれます。

医療機器メーカーの転職をするなら↓をチェック!

  サービス名 利用料金 支援エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

医療機器メーカー転職の基礎

条件別の医療機器メーカー求人

大手医療機器メーカーの採用情報


Copyright (C) 2014 - 2022 医療機器メーカー転職サイトランキング All Rights Reserved.