外資系の医療機器メーカー

医療機器メーカー求人TOP >> 医療機器メーカー転職の基礎 >> 外資系の医療機器メーカー

外資系の医療機器メーカー

医療機器メーカーは製薬メーカーよりも外資系企業が多いです。製薬メーカーはどうしても欧米に偏るようなイメージがありますが、医療機器メーカーの外資系企業は欧米だけではなく香港に本社を置いていたり、世界中に工場や拠点を設けているのが特徴と言えるでしょう。グローバルに活躍したい人にとっては、外資系企業の医療機器メーカーは願ってもない転職先と言えるかもしれません。

ただ、ひとつだけ気をつけて欲しいことがあります。外資系の医療機器メーカーは本社の意向によって合併や買収が起こります。国内メーカーでも起こることなのですが、外資系企業はよりその傾向が強いので企業体制や方針の転換も珍しい話しではありません。本社は海外に置かれているので、働いているうちに気がついたら合併することが決まっていたこともあるのです。

競争社会の中で生き残るための手段としてごく当たり前に起こるわけですが、日本から見れば価値観の違いに驚くことがあるかもしれません。また、外資系は実力主義で個人の能力によって収入も大きな影響を受けると言われていますが、失敗をしたからすぐに減俸となるわけではないのです。その点においては日本に拠点を置いている以上、日本人が働きやすい環境を整えているところも多いのです。日本の文化や習慣を取り入れている企業も存在しているので心配することはありません。

外資系の医療機器メーカーは英語ができなければ採用してもらえないと思われていますが、職場は日本なので必ずしも英語が必須なわけではありません。出張や転勤は海外になるのである程度の語学力は求められることになりますが、どこまでの英語スキルが募集対象となるのかは企業にもよります。

給与形態やスキルアップの体制も日本企業とは違うので、外資系医療機器メーカーを候補にしている人は、リクルートエージェントなどの転職サイトで詳細を確認した方が良いでしょう。日本企業の多くは昇進・昇給が階段のように一歩ずつですが、外資系企業の場合は飛び越えていきなり管理職となるケースもあります。

同じような医療機器を取り扱う企業であっても外資系と国内企業では認識が異なるので、転職サイトが主催しているセミナーに参加して説明を聞いてみるのも良いかもしれません。外資系企業に合うか合わないかは人によって分かれます。転職してから合わないことに気づいて離職するくらいなら、初めに自分で見極めてから判断するようにして下さい。

医療機器メーカーの転職をするなら↓をチェック!

  サービス名 利用料金 支援エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

医療機器メーカー転職の基礎

条件別の医療機器メーカー求人

大手医療機器メーカーの採用情報


Copyright (C) 2014 - 2022 医療機器メーカー転職サイトランキング All Rights Reserved.