医療機器メーカーを辞めたい時

医療機器メーカー求人TOP >> 医療機器メーカー転職の基礎 >> 医療機器メーカーを辞めたい時

医療機器メーカーを辞めたい時

医療機器メーカーはどうしても最新の医療機器の開発を行っているイメージが強い企業ですが、当然ビジネスとしての面、つまり開発した医療機器を「売る」部分も大きな比重を占めています。いくら優れた機能を備えていても売れなければ意味がありませんし、売るためには営業・マーケティングはもちろん、世の中のニーズを捉えたうえで「売れる」製品を作っていかなければならない面もあります。「よい製品が売れるとは限らない」という市場の原則は医療機器の分野でも変わらないのです。

となると営業をはじめ売る立場ではノルマの問題が出てきます。医療機器メーカーの営業は、他の業種と少々事情が異なります。製品を買う人はおもに医療関係者、つまり専門家ですから、営業手腕はもちろんのこと、製品に関する専門的な知識も問われます。詳しい機能について聞かれたときに、うまく応えられないようでは買ってもらうことはできないわけです。

それだけにクリニカルスペシャリストのような職業があるわけですが、この営業職のスキルと専門的な知識がうまくマッチしないケースも多いのです。営業職とクリニカルスペシャリストが一緒になって医療機関に売り込みすることが多いのですが、両者の連携がうまく出来ていないとなかなか売れず、ノルマを達成できなくなってしまうのです。営業職からすればクリニカルスペシャリストに専門的な知識を披露するだけでなく売り込みもしてほしいものですし、クリニカルスペシャリストの側からすれば自分は求められている役割を果たしているのだからあとは営業職がしっかり売って欲しい、と思うもの。こうした「自分の役割はしっかり果たしているのに結果が出ない」という難しい問題を抱えている分野でもあります。

つねにノルマのプレッシャーを感じながら仕事をしつつ結果を出せない、自分はベストを尽くしているつもりなのに同僚との連携がうまく行かずに結果が出ないといった悩み・不満を感じてしまうことが多く、「これじゃ続けられない」と辞めたくなることが多いようです。とくに外資系メーカーは成果主義を大々的に導入していることが多く、結果がそのまま収入や昇進に関わってくるだけに、うまくいかないと辞めたくやりがちです。

この点は製品開発の分野でも同じことが言えます。よい製品を作っているはずなのに売れない、営業や本社から「もっと売れるものを作れ」とプレッシャーをかけられ、自分が目指しているイメージとはかけはなれた製品づくりを余儀なくされる。その結果やりがいを失い、「自分にはもっとも活躍できる職場があるのではないか」といった疑問を抱くようになることもあります。

医療機器メーカーの転職をするなら↓をチェック!

  サービス名 利用料金 支援エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

医療機器メーカー転職の基礎

条件別の医療機器メーカー求人

大手医療機器メーカーの採用情報


Copyright (C) 2014 - 2022 医療機器メーカー転職サイトランキング All Rights Reserved.