医療機器メーカーの履歴書

医療機器メーカー求人TOP >> 医療機器メーカー転職の基礎 >> 医療機器メーカーの履歴書

医療機器メーカーの履歴書

医療機器メーカーの履歴書の書き方は、基本的な面では他の業種と共通しており、とくにこの業種に転職を目指すから特別な書き方が必要ということはありません。ただ、この業種ならでの注意点やポイントがあるので踏まえておきたいところです。

まず最大のポイントといってもよいのが「正確さ」です。医療機器メーカーは精密機械を扱う機械であり、その製品を通して病気や怪我をしている方の健康や命を預かる仕事でもあります。こうした意識は製品の開発に携わっている職種だけでなく、営業職や一般職においても求められていますから、雑な履歴書、また誤字脱字が多い履歴書は大マイナス、細かなところまで意識を向けていることが窺える正確な履歴書を心がけるべきでしょう。

誤字脱字は論外ですが、たとえば間違ってしまったときには修正液を使用せずにできるだけ書き直す、文章表現は統一するといった細かな点も配慮しましょう。とくに文章表現は要注意で、志望動機のところでは「ですます」調なのに自己PRの部分では「である」調になってしまうといったケース、またそこまで大げさではなくても文体に違いが見られるような書き方は気をつけましょう。この点は自分の言葉で書けば問題ないのですが、参考になるフォーマットを意識しすぎて、その文体と似たような表現になってしまった場合に不適合が起こりやすくなるので要注意です。あとは年号や数字の統一にも注意してください。医療機器メーカーは外資系が多いので年号か西暦のどちらがよいか、数字は漢数字か算用数字の判断もしっかり行っておくとよいでしょう。

あとは職歴の欄の書き方にも気をつけましょう。具体的な職歴に関しては職務経歴書で詳細を記載することになるわけですが、履歴書でもできるだけアピールしておきましょう。これまでさまざまな職場で経験を積んできた場合には、すべて細かく記載するのではなく、医療機器メーカーで役立つ経験を詳細に書いていきます。その際には「マネジメントを従事した」など具体的な勤務内容・役割を簡潔に書くのもポイントです。

資格に関しては、基本的にはアピールになるものだけをピックアップとして記入しましょう。その際にも資格の正式な名称を確認したうえで間違えないよう気をつけます。

この履歴書で採用担当者の目を引くことができて、はじめて職務経歴書に目を通してもらうチャンスが得られるものです。大手や待遇のよい求人には応募が殺到することも多い業種ですから、履歴書の段階で躓かないよう心がけていきたいところです。

医療機器メーカーの転職をするなら↓をチェック!

  サービス名 利用料金 支援エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

医療機器メーカー転職の基礎

条件別の医療機器メーカー求人

大手医療機器メーカーの採用情報


Copyright (C) 2014 - 2022 医療機器メーカー転職サイトランキング All Rights Reserved.