ベンチャー系の医療機器メーカー

医療機器メーカー求人TOP >> 医療機器メーカー転職の基礎 >> ベンチャー系の医療機器メーカー

ベンチャー系の医療機器メーカー

2014年7月31日にシャープ以外の2014年度の4〜6月期の、連結決算が発表されソニーの最終利益は前年同期の8.6倍の268億円でした。これはソニーの旧本社ビルの売却益が148億円あり、その他に映画部門・音楽部門・金融部門が好調なことが背景にあります。しかしリストラなどの人員削減のコストがかさみ、ソニーの利益は通期では500億円の最終赤字になる見通しです。スマートフォン部門が相変わらず苦戦していて、モバイル事業の4〜6月期の営業損益は27億円の赤字でした。

ソニーは1946年に井深大氏と盛田昭夫氏らが中心となり、東京の白木屋の3階に東京通信工業株式会社を設立したので始まりです。会社を設立した当初は真空式電子電圧計などを作っていましたが、1950年には日本で初のテープレコーダーを発売したベンチャー企業でした。2013年4月にオリンパスに500億円を出資し合弁会社を設立すると発表したソニーですが、2014年3月期の連結最終損益では約1100億円の最終赤字となり苦戦が続いています。

2013年10月4日に国内医療機器メーカーの大手テルモがアメリカのベンチャーキャピタルファンドに、最大で25百万ドルまでの出資を行うことを決定したことがニュースになりました。海外には日本ではまだ誰も知らないような将来性がある、ベンチャー系の医療機器メーカーが数多く存在しています。実は日本には外資系のベンチャー系医療機器メーカーが多く進出していて、日本の医療機器業界の約8割を占めています。

そのため日本国内ではまだ厚生労働省の承認が下りていない製品もたくさんあり、外資系のベンチャー系医療機器メーカーでは多くの人材を求めています。外資系だけでなく日本には会社設立から10年未満の日系の医療機器メーカーの中にも、将来性があるベンチャー企業が多くあり優秀な人材を求めています。もしベンチャー系の医療機器メーカーの求人に興味がある方はこのサイトに掲載されている、リクルートエージェントやマイナビエージェントのような転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントのベンチャー系の医療機器メーカーに精通した担当者が求人の紹介だけでなく、企業の将来性や採用基準についても詳しく教えてくれます。また外資系の医療機器メーカーの場合は英文でのレジメだったり、英語での面接が行われることもありますが、担当者が英文での応募書類の添削や英語での面接の指導なども行ってくれます。

医療機器メーカーの転職をするなら↓をチェック!

  サービス名 利用料金 支援エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

医療機器メーカー転職の基礎

条件別の医療機器メーカー求人

大手医療機器メーカーの採用情報


Copyright (C) 2014 - 2022 医療機器メーカー転職サイトランキング All Rights Reserved.