医療機器メーカーの仕事内容

医療機器メーカー求人TOP >> 医療機器メーカー転職の基礎 >> 医療機器メーカーの仕事内容

医療機器メーカーの仕事内容

医療機器メーカーの仕事内容は、至ってシンプルに医療機器を販売することです。ただ、それが医療業界であることから見えない不安があるのかもしれません。まず、医療機器の販売には資格は必要ないので、メーカーへ転職すれば誰でも携わることができます。そして取り扱っている製品によって知識を深めるための勉強会や、セミナー・研修会に参加することになります。

医療機器メーカーは眼科や歯科などの専門領域のみに対応しているところや、医療機器全般に渡って取り扱っているところがあります。また、販売する営業職以外にも安全性の評価やシステムの開発・事務・メンテナンスなど、いくつかの職種で募集されています。もちろんそれぞれの仕事内容は職種によって違うわけですが、全体をとおして医療機器を販売することで企業が成り立っているわけです。

販売ばかりが前面に押し出されてしまいますが、製品の販売をすることだけが目的ではありません。医師や看護師に医療機器の使い方を説明したり、企業によっては導入から設置まで一括して請け負っているところもあるので、どこに転職するかによって仕事内容は変わってきます。当然医療用語の習得は必要になってきますが、医師や看護師との信頼関係を築くことはもっと大きな仕事となります。

多くの企業ではマニュアルが存在していたり営業先が固定されているため、それほど身構えなくても大丈夫です。細かい業務としては医師との打ち合わせや搬入時の立会い・試験などがありますが、いきなりひとりで放り出されるわけではないので心配する必要はありません。業務形態は企業によりますが、チームで行動したり先輩社員に同行して覚えていくようになるので段階をおって成長することができるでしょう。

医療業界の仕事はどうしても医師や看護師が注目されて、それを支える企業は影の存在となる部分があります。そのために医療業界以外から転職するとなると躊躇ってしまう人も多いのですが、やるべき仕事内容がわかれば一歩先へ踏み出す気持ちを持つことも難しくはありません。

typeやマイナビエージェントなどの転職サイトでは仕事内容についての相談も可能なので、コンサルタントに聞いてみると良いでしょう。厳密に言ってしまえばやってみなければわからない部分はありますが、それを考えてしまうと転職することはできません。知らない職場へ転職するのは少なからず誰しも心配の種はあると思いますが、事前に少しでも知っておくことで馴染みやすいこともあります。

医療機器メーカーの転職をするなら↓をチェック!

  サービス名 利用料金 支援エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

医療機器メーカー転職の基礎

条件別の医療機器メーカー求人

大手医療機器メーカーの採用情報


Copyright (C) 2014 - 2022 医療機器メーカー転職サイトランキング All Rights Reserved.