第二新卒可の医療機器メーカー求人

医療機器メーカー求人TOP >> 条件別 >> 第二新卒可の医療機器メーカー求人

第二新卒可の医療機器メーカー求人

熾烈な就職活動を乗り切って企業からの内定を勝ち取っても、大卒者の約3割が3年以内に会社を辞めると言われています。しかしどうして多くの若者がせっかく就職しても、短期間で離職してしまうのでしょうか。これらの若者たちは第二新卒と呼ばれていますが実は第二新卒と言う言葉の定義は明確ではなく、一般的に大学を卒業した後に3年以内で会社を辞めた25歳以下の若者のことを指します。第二新卒と同様に大学を卒業しても1度も就職していない既卒も、マスコミや見識者のあいだではどちらも日本独特の雇用制度である、新卒一括採用にその責任があるとも囁かれています。

確かに日本の雇用制度はある意味で特殊で、大学と企業が一体になって学生の就職活動を取り仕切っています。大学にとっても大企業への就職率が高ければそれだけ、大学への入学者が増えるので自ずと学生の就職活動の支援にも力が入ります。バブル経済が崩壊した後に訪れた就職氷河期には就職できない学生が多数いるなど、新卒者の就職環境は世の中の景気に大きく影響されます。そしていったん就職できないまま大学を卒業すると、その後の就職活動は困難を極めます。

そのため多くの学生が第一志望の企業からの内定でなくても、卒業までにどこかの企業への就職を決めることになります。しかし取りあえず就職をしたものの、本当に自分が就きたい仕事でないと、困難に立ち向かう力も半減します。最近では求人にも「第二新卒者歓迎」の文字をよく見掛けますが、これは実務経験が浅くても将来性に期待する企業が多いからです。このサイトに掲載されているリクルートエージェントやマイナビエージェントなどの、転職エージェントにも第二新卒可の医療機器メーカーの求人をよく目にします。

ただ大事なことは社会人としての経験が浅いために、本当に自分がしたい仕事が何なのかを、よく理解していない場合が多いことです。第二新卒者と言っても他の転職者と変わりはなく、もし転職してもまた会社を辞めるようなことがあれば、その後の自分のキャリアにも傷がつきます。そうならないためにも転職エージェントの担当者と十分にキャリアカウンセリングを行い、自分が本当に何をしたいのかをよく理解することです。転職エージェントの担当者は第二新卒者の立場もよく理解していて、どんな医療機器メーカーがあなたにとって最適なのかアドバイスをしてくれるはずです。

また医療機器メーカーの求人の紹介だけでなく履歴書や、職務経歴書の書き方や面接対策まで全て無料で行ってくれます。

医療機器メーカーの転職をするなら↓をチェック!

  サービス名 利用料金 支援エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

医療機器メーカー転職の基礎

条件別の医療機器メーカー求人

大手医療機器メーカーの採用情報


Copyright (C) 2014 - 2022 医療機器メーカー転職サイトランキング All Rights Reserved.