50代向けの医療機器メーカー求人

医療機器メーカー求人TOP >> 条件別 >> 50代向けの医療機器メーカー求人

50代向けの医療機器メーカー求人

通常50代になるとなかなか転職先を見つけるのが難しくなります。50代になってくるとそれなりの待遇で迎える必要があり、それなりの人件費を割かないといけません。またせっかく50代の人材を引っ張ってきても、すぐに定年を迎えてしまうのでまた次の人材を探さないといけません。このような背景もあって、50代の人材を積極的に中途採用するところは少ないです。しかし医療機器メーカーに関しては若干例外な傾向が見られます。20代や30代と比較するとどうしても求人件数は少ないかもしれませんが、他の業種と比較すると数は多めです。決して簡単な話ではないかもしれませんが、50代の方でも医療機器メーカーへの転職は十分可能性はあります。

なぜ50代の方でも十分転職のチャンスがあるかというと、まず医療機器メーカーの場合、専門性の高い点が挙げられます。医療機器メーカーはほかの商品と違って、専門的な知識がないと製造することもできなければ、営業として売り込むにあたっても説明ができません。しかも営業の取引相手は医者などの医療のスペシャリストなのでごまかしがききません。医療の方面で専門性の高い人材は、もともとパイが決して大きくないのです。そうなると50代の方でも採用の可能性が、他の業種と比較すれば出てくるわけです。

医療機器メーカーですが、今後当面マーケットの規模は縮小しないだろうと見られています。まず高齢化社会が進むので、病院を受診する人は増加するであろうことが容易に予測できるからです。これは景気の動向関係ないことというのも大きいです。しかも医療機器の場合、手術などで使用する器具の中には消耗品が多いです。感染症のリスクを考えると、器具を使い回しにすることは少ないからです。つまり一回自社の機器が売れれば、パーツなどの定期的な購入が必要になって安定した売り上げが期待できるわけです。そのため、採用は今後安定して出るだろうと見られています。

ただし30代や40代と比較すると、50代の方が転職するのはそうハードルが低くはないです。50代になって一切の医療業界における実務経験のない人が、転職するのは難しいでしょう。またかなりのキャリアがないと若い人を採用しようとなってしまいます。50代で医療機器メーカーに転職する際には、慎重に求人情報をチェックすることです。自分が応募可能か、自分のキャリアを生かせる案件かを確認した上で応募することです。50代の場合はもしかすると、転職前と比較して収入が下がる恐れもあります。子どものいる家庭などは家族と相談して転職するかどうかを検討すべきです。

医療機器メーカーの転職をするなら↓をチェック!

  サービス名 利用料金 支援エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

医療機器メーカー転職の基礎

条件別の医療機器メーカー求人

大手医療機器メーカーの採用情報


Copyright (C) 2014 - 2022 医療機器メーカー転職サイトランキング All Rights Reserved.