開発職採用の医療機器メーカー求人

医療機器メーカー求人TOP >> 条件別 >> 開発職採用の医療機器メーカー求人

開発職採用の医療機器メーカー求人

医療現場ではCT・MRI・PETなどの画像診断システムや、心臓手術に欠かせない人工心肺装置のような、身体機能代替機器など数多くの医療機器が存在しています。CTとは「Computed Tomography」の略称でコンピュータ断層撮影のことで、最近では性能が向上して脳や内臓や血管など人体の形状や断面を、正確に3次元グラフィックスとして画像化することもできます。そのため近年ではテレビやパソコンなどの、情報処理技術を応用した医療機器が医療現場で使われていて、医師がモニターを見ながら手術を行うことも可能になっています。

MRIとは「Magnetic Resonance Imaging」の略称で核磁気共鳴断層撮影装置のことで、CTと同じ人体の層画像を撮影しますが通常のCTやMR撮像では得られないような3次元グラフィックスの画像化が可能です。X線を利用したCTとは異なり電離性放射線を使用しない上に、画像のコントラストがCTよりも高いのが特徴です。PETとは「Positron Emission Tomography」の略称で、陽電子検出を使ったコンピューター断層撮影技術です。PETはこれまで主に中枢神経系の代謝レベルの、観察などに使用されてきましたが最近では癌の診断にも活用されています。

これらの画像診断システムのような高額な医療機器の他にも、病院では血圧計や心電図などのさまざまな医療機器が患者さんの検査や治療に使われています。医療機器の発達は目覚しく各医療機器メーカーでは、日々しのぎを削って新たな技術の開発を行っています。医療機器の設計や開発には医療の知識だけでなく、コンピューターなどのITの最新知識も不可欠です。開発職採用の医療機器メーカーの求人ですがこのサイトに掲載されているリクルートエージェントや、マイナビエージェントなどの転職エージェントでも日系の大手が殆どです。

これは莫大な費用が掛るため中小の、医療機器メーカーの求人は少ないのが現状です。また外資の医療機器メーカーも国内には多数ありますが外資の場合は、医療機器の開発や製造は海外の本社で行うケースが多いからです。そのため外資の医療機器メーカーが日本で、開発職採用の求人を行うことはまずありません。またデバイスラグと言う言葉がありますが薬事法が厳しい日本では、海外の医療機器メーカーと比べるとさまざまな点で不利です。

それでも日系の医療機器メーカーが将来的に、生き残っていくためには開発職の求人が欠かせません。最近では医用工学と呼ばれる分野で学ぶ学生も増えてきていますが、開発職採用の医療機器メーカーに求人に興味がある方は、このサイトに掲載されている転職エージェントに登録されることをお勧めします。

医療機器メーカーの転職をするなら↓をチェック!

  サービス名 利用料金 支援エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

医療機器メーカー転職の基礎

条件別の医療機器メーカー求人

大手医療機器メーカーの採用情報


Copyright (C) 2014 - 2022 医療機器メーカー転職サイトランキング All Rights Reserved.