海外勤務ありの医療機器メーカー求人

医療機器メーカー求人TOP >> 条件別 >> 海外勤務ありの医療機器メーカー求人

海外勤務ありの医療機器メーカー求人

日本は驚くほどのスピードで進む少子高齢化で、国内の消費は年々と縮小傾向にあります。例えば国内の宅配便の取り扱い個数も拡大するネット通販の、後押しがあるものの2007年をピークに横ばい傾向です。その一方で海外に進出する日系企業の需要は増すばかりで宅配便事業大手のヤマトグループは、2010年1月には上海とシンガポールに宅配便事業の拠点を設け、2011年2月には香港に同年9月にはマレーシアで宅配便事業をスタートさせました。

外食産業も国内の市場は年々縮小していて1998年には約32.9兆円あった市場規模も、2010年には3兆円以上も減少して約29.4兆円になっています。こうした中で牛丼の吉野家のように、積極的に海外に進出している外食チェーンもあります。吉野家は1975年にアメリカに初めて1号店を出店し、その後も中国や東南アジアで積極的に海外出店を進めてきました。2011年末の時点で吉野家の中国への出店数は、300店舗を超えていてアメリカへの出店数も98店舗です。

少子高齢化や景気の影響をあまり受けずに逆に高齢化が追い風になり、成長を続けている医療機器メーカーですが安部首相が推し進める成長戦略の一環として、政府は官民一体で医療機器や医療サービスの海外展開の強化を本気で図ろうとしています。安部政権の閣議で決定された日本再生戦略でも医療の国際展開を最重要項目の一つに掲げ、2030年までに日本の医療機器や医療サービスの海外市場規模を5兆円としています。

カンボジアを訪問した安部首相は帰国後の2013年11月17日に記者会見を行い、カンボジアのプノンペンに海外第1号となる救急救命センターを設立することを発表しました。実は日本に限らず少子高齢化は世界的に進んでいて、高齢化先進国である日本の医療技術は世界でもトップレベルの水準で、日本の医療技術と医療機器の両立を輸出することで、市場拡大だけでなく国際貢献に寄与することにもなります。

また民間レベルでも多くの国内の医療機器メーカーが設備投資や人件費が安い中国や東南アジアにすでに進出していて、このサイトに掲載されているリクルートエージェントやマイナビエージェントなどの転職エージェントでも、海外勤務ありの医療機器メーカーの求人を目にします。これまで海外勤務の経験がある方や、中国語や英語など語学力がビジネスレベルの方は、これらの求人に応募して海外で勤務する大きなチャンスです。

医療機器メーカーの転職をするなら↓をチェック!

  サービス名 利用料金 支援エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

医療機器メーカー転職の基礎

条件別の医療機器メーカー求人

大手医療機器メーカーの採用情報


Copyright (C) 2014 - 2022 医療機器メーカー転職サイトランキング All Rights Reserved.