経営戦略に携わる医療機器メーカー求人

医療機器メーカー求人TOP >> 条件別 >> 経営戦略に携わる医療機器メーカー求人

経営戦略に携わる医療機器メーカー求人

医療業界の中でも医療機器メーカーは急速に進む国内の高齢化もあり、景気の影響を受け難く安定した収益が望めると言えます。さらに医薬品とは違って副作用などもなく、販売停止になるリスクもありません。他の業種が少子高齢化で市場が縮小する一方で、今後も高齢者が占める割合が増えることは間違いないため、この業界は魅力的なマーケットです。しかしその一方で魅力的なマーケットなだけに、異業種からの新規参入が目立っています。

例えば家電メーカーの東芝は半導体記憶素子の一つであるDRAM事業から撤退し、より付加価値が高いシステムLSIを半導体事業の新たな柱にすることを決定していますが、2013年8月7日に今後3年間の経営方針を発表しこれまで事業の柱とも言えるテレビやパソコンなどの事業を止め、半導体や発電と共に医療機器を主にしたヘルスケア事業を3本柱の一つにすると発表しました。東芝は2006年からテレビやパソコンなどの事業と半導体や発電を、事業の3本柱としてきたが巨額な赤字が続くテレビやパソコン事業から撤退を決断したのです。

東芝ではCTやX線診断装置などの製造を行っていて売上高も2012年度には約4000億円の規模ですが、これを今後は2015年度に6000億円までにしさらに2017年度には1兆円にまでにする計画です。カメラと事務機のメーカーであるキヤノンも産業機器や、医療機器を取り扱っていますが産業機器は低迷を続けています。高い光学技術を持つキヤノンではこれまでも医療用のさまざまな画像機器や、眼科機器や多くの測定器を製造販売してきました。そのキヤノンがソニーなどと共に、医療業界への参入を本格化させています。

大手異業種からの新規参入が目立つ中で、既存の医療機器メーカーも大きな岐路に立たされています。医療機器メーカーの経営陣もこれらの大手企業の新規参入に対応するために、経営戦略に携われるような優秀な人材を広く求めています。このサイトに掲載されているリクルートエージェントやマイナビエージェントなどの、転職エージェントでもサイトには公開されていない非公開の求人には、経営戦略に携われるような医療機器メーカーの好条件の求人もあります。

転職エージェントに登録すれば医療機器メーカーの求人に精通した専任の担当者が、あなたのこれまでの経験やスキルを活かせる好条件の求人の紹介だけでなく、採用基準を教えてくれたり面接対策まで全て無料で行ってくれます。

医療機器メーカーの転職をするなら↓をチェック!

  サービス名 利用料金 支援エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

医療機器メーカー転職の基礎

条件別の医療機器メーカー求人

大手医療機器メーカーの採用情報


Copyright (C) 2014 - 2022 医療機器メーカー転職サイトランキング All Rights Reserved.