学歴不問の医療機器メーカー求人

医療機器メーカー求人TOP >> 条件別 >> 学歴不問の医療機器メーカー求人

学歴不問の医療機器メーカー求人

2005年に行われた薬事法の1部改定で医療機器メーカーで製造する、カテーテルからCTやMRIまで約15万品目が医療機器となりました。ただ厚生労働省の発表では日本国内の医療機器メーカーの殆どが資本金が5000万円以下の中小企業で、資本金が100億円を超えている企業は全体の約4%に過ぎません。さらに成長戦略の一環として安部政権が掲げる日本の医療制度と医療機器の海外への輸出ですが、日本の医療機器の貿易は約6000億円の貿易赤字が状態がずっと続いているのです。

実は日本はCTやMRIのような高度で画期的な医療機器に関しては輸出超過ですが、病気の診断に使う診断機器や血管用ステントや人工関節のような生体内で使用するものに関しては完全な輸入超過の状態です。高額なCTやMRIのような画像診断システムや人工心臓のような生体機能補助タイプの医療機器に関しては大手の医療機器メーカーが市場シェアを独占していて、眼科や歯科などで使うような医療機器に関しては中小の医療機器メーカーが過半数を占めています。

日本の医療機器メーカーの特徴はオンリーワンと呼ばれる、ある特定の医療機器の開発や製造に特化した中小企業が非常に多いことです。またこのサイトに掲載されているリクルートエージェントやマイナビエージェントなどの、転職エージェントでも中小の医療機器メーカーの求人は学歴不問の案件が目立ちます。その多くが営業職ですがこれは大手の医療機器メーカーが求人の応募条件に、大卒などの学歴を記載しているのと比べると顕著です。

ただ最近では以前と比べると大手の医療機器メーカーでも、学歴不問と書かれた求人が増える傾向にあります。これは新卒採用と違って学歴よりも特に、営業職の場合などはこれまでの実績を重視するからです。医師や臨床工学技士や臨床検査技師などの医療関係の従事者から、深い信頼を得ている営業などはどこの医療機器メーカーでも求めています。そのため顧客を持っている営業マンなどは転職して、大幅な年収アップを図ることもさほど珍しいことではありません。

転職して年収アップするなど転職を成功させるには、周到な準備と計画性が欠かせません。基本となる転職情報の収集も1社の転職エージェントに限定しないで、タイプが異なる何社かの転職エージェントに登録することをお勧めします。中には独占案件が多かったり、サイトには掲載されていない非公開求人には、思わぬ好条件の案件があったりします。

医療機器メーカーの転職をするなら↓をチェック!

  サービス名 利用料金 支援エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

医療機器メーカー転職の基礎

条件別の医療機器メーカー求人

大手医療機器メーカーの採用情報


Copyright (C) 2014 - 2022 医療機器メーカー転職サイトランキング All Rights Reserved.