激務でない(休みがとりやすい)医療機器メーカー求人

医療機器メーカー求人TOP >> 条件別 >> 激務でない(休みがとりやすい)医療機器メーカー求人

激務でない(休みがとりやすい)医療機器メーカー求人

医療機器メーカーと病院に勤務する医師や看護師では同じ、医療関係者でも働く環境は大きく違ってきます。厚生労働省の調査では勤務医の平均年収は1479万円ですが、その内の12%は他の病院や医療機関でのアルバイトで得た収入です。開業医の平均年収は約2500万円と難関な国家試験で知られている、弁護士や会計士などと比べても収入面ではかなり恵まれていると言えます。

女性が圧倒的に多い看護師の平均年収も、2013年度の調査ではボーナス込で472万円でした。他の職業に就いている女性の平均年収が約200万円なので、それと比べると倍以上なので看護師も収入面ではかなり恵まれています。医師や看護師も仕事内容は異なりますが、共通していることは休みが取り難く激務なことです。テレビや新聞などのニュースでも医師や、看護師の不足がよく報道されています。

自治労連が行った調査でも仕事を辞めたいと何時も考えている看護師が26%もいて、時々考えていると答えた54%と合計すると実に、80%の看護師の方々が仕事を辞めたいと思っていることになります。その理由としては過半数の看護師が、夜勤など仕事がきついと答えています。看護師の夜勤は1992年に制定された看護師保護法で、1ヶ月に8日以内と病院側の努力義務が明記されています。

しかし2交代制や3交代制で夜勤を行う看護師の、4人に1人が月に9回以上の夜勤を行っています。夜勤の他にも休みが取れないと答えた看護師も29%もいて、75%の看護師が休日でも疲れが残ると答えています。激務な労働環境の中で働く看護師の離職率は高く、毎年約5万人が白衣の憧れ新人看護師が誕生していますが、その一方で10万人以上の看護師が職場を去っています。

高給な医師も休みが取り難く、激務なことで知られている職業です。転職して年収アップを図ることも大事ですが、今の職場がもしあまりに激務で休みがなかなか取れないと悩んでいる方は、このサイトに掲載されているリクルートエージェントやマイナビエージェントなどの転職エージェントに登録して、転職エージェントの担当者に相談してみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者が激務でない、医療機器メーカーの求人の紹介を行ってくれるはずです。

中には休みもちゃんと取れて業績の応じて年収も、アップができる求人もあるので担当者に気軽に相談してみて下さい。身体を壊す前に転職することで問題が解決するのであれば、勇気を持って転職することも一つの選択肢かもしれません。

医療機器メーカーの転職をするなら↓をチェック!

  サービス名 利用料金 支援エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

医療機器メーカー転職の基礎

条件別の医療機器メーカー求人

大手医療機器メーカーの採用情報


Copyright (C) 2014 - 2022 医療機器メーカー転職サイトランキング All Rights Reserved.