離職率が低い医療機器メーカー求人

医療機器メーカー求人TOP >> 条件別 >> 離職率が低い医療機器メーカー求人

離職率が低い医療機器メーカー求人

転職する際に離職率が低いか高いかは、大事なチェックポイントになります。一時はカジュアル衣料品メーカーのユニクロが新卒で採用された社員のおよそ半分が、3年以内に離職しているとマスコミで叩かれたことはまだ記憶に新しいことです。ユニクロがマスコミからブラック企業でないかと批判されたのは、2009年に入社した新卒社員の3年以内の離職率が53.0%にも上ったからです。2010年入社の新卒社員の場合は47.4%が3年以内に離職し、2011年に入社した社員の41.6%が2年以内に離職しています。

大学を卒業してユニクロに入社したある社員は約400人いた同期が、3年目にはおよそ半分が離職し5年目には、50人も残っていなかったとい言います。グローバルに事業を展開しているユニクロですが終わりがないサービス残業に権限がない名ばかりの店長職で、ノルマからうつ病になる社員が後を絶たなかったと証言するものも少なくありません。ブラック企業とはやる気がある若者を大量採用し名ばかりの管理職で、サービス残業を強いて次々に離職に追い込む会社のことです。

2014年に厚生労働省が業種別に新卒の離職率を公表しましたがそれによれば、入社から3年以内の離職率が最も高い業種は48.8%で教育および学習支援業がトップでした。次に45.0%で生活関連サービス業および娯楽業で、逆に離職率が低い業種のトップは鉱業・採石業・砂利採取業の6.1%でした。次に電気・ガス・熱供給・水道業の7.4%で、製造業が15.6%で離職率が低い業種にランクインしています。気になる医療機器メーカーの離職率ですが医療機器の営業職は、病院からの急な呼び出しなど激務で離職率が高いイメージを持っている方も少なくありません。

しかし就職四季報を見ても意外なほど、医療機器メーカーの離職率が低いことには驚かさせられます。離職率は就職四季報を見れば分かりますが上場企業だけで、上場していない企業の場合は調べようがありません。そんな時に参考になるのがこのサイトに掲載されているリクルートエージェントや、マイナビエージェントなどの転職エージェントです。これらの転職エージェントに登録すると転職エージェントの担当者が、どこの医療機器メーカーの離職率が高いのか低いのかを教えてくれます。

せっかく転職しても短期間でまた転職することになれば、あなた自身の今後にもキャリアにも影響してきます。そうならないためにも転職エージェントを上手に活用して、転職活動を是非とも成功させて下さい。

医療機器メーカーの転職をするなら↓をチェック!

  サービス名 利用料金 支援エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

医療機器メーカー転職の基礎

条件別の医療機器メーカー求人

大手医療機器メーカーの採用情報


Copyright (C) 2014 - 2022 医療機器メーカー転職サイトランキング All Rights Reserved.