女性が活躍する医療機器メーカー求人

医療機器メーカー求人TOP >> 条件別 >> 女性が活躍する医療機器メーカー求人

女性が活躍する医療機器メーカー求人

医療機器メーカーは女性の数が少ない業種とよく言われます。どうしても開発・研究職では男性の方が多くなりがちという理由もあり、男女比率は7:3程度です。それでも30パーセントは働いていると見るか、30パーセントしかいないと見るかで評価が異なりますが、男性中心の職場というのは間違いないでしょう。

ただ、こうした状況がそのまま放置されているわけでは決してなく、多くの医療機器メーカーでは女性を積極的に採用する動きを見せています。その意味では男性中心の世界、というイメージは少しずつ変化してきているといえるでしょう。これは男女の雇用機会を均等にするといった社会全体の要望によるものだけでなく、女性が少ないとどうしても長く働いてくれる人材を確保できずに離職率が高くなってしまうためです。新規に採用する女性を受け入れる環境が十分に整っていない問題から、なかなか女性の働き手が増えないという悪循環に陥ってしまう問題点もあります。この点を解消する面も含めて、積極的な採用を図っているところが増えているのです。

では女性が活躍する医療機器メーカーの求人はどのように探していけばよいのでしょうか?まず職種によって女性の進出の度合いにバラつきが見られる面を見ておきましょう。やはり開発職と営業職はまだまだ男性が圧倒的に多く、一方で経理や人事、財務といった管理部門、事務職では女性の進出が増えています。医療機器メーカーへの転職を希望している女性がどの職種で働きたいのかによって、求人の見つけやすさに差が出てくるわけです。

この点で注意したいのは単に求人の多い少ないではなく、先ほども少し触れた女性が働きやすい環境かどうかです。開発職・営業職で男性のみを募集している求人はまずありませんから、女性であろうと問題なく応募ができます。しかし採用されたとして働きやすい職場かどうか、女性が働ける環境が整っているかどうか、そこまで見た上で求人を判断する必要があるわけです。この点では国内メーカーよりも外資系のメーカーの方が充実している傾向が見られるため、こうした企業の体質や環境などの情報収集を行っておくとよいかもしれません。

あとは近年になって注目を集めている職種の中に女性の担い手が多いものが出てきている点も見逃せないでしょう。その代表格がクリニカルスペシャリストです。医療基金に関する専門的な知識を元に販売・営業に携わる仕事で、薬剤師や看護師の転職先としても注目を集めています。薬剤師、看護師はどちらも女性の担い手が非常に多い仕事ですから、この職種には女性が多くなります。こちらも外資系で活躍することが多く、ねらい目といえるでしょう。

医療機器メーカーの転職をするなら↓をチェック!

  サービス名 利用料金 支援エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

医療機器メーカー転職の基礎

条件別の医療機器メーカー求人

大手医療機器メーカーの採用情報


Copyright (C) 2014 - 2022 医療機器メーカー転職サイトランキング All Rights Reserved.