残業が少ない医療機器メーカー求人

医療機器メーカー求人TOP >> 条件別 >> 残業が少ない医療機器メーカー求人

残業が少ない医療機器メーカー求人

転職サイトのDODA(デューダ)が80業種の95職種別の22〜34歳のビジネスパーソを対象に、残業時間と年間休日数に関するアンケート調査を実施し公表しています。残業時間が少ない業種のトップテンは1位がスポーツや、ヘルスセンターなどの関連施設で2位がドラッグストアでした。3位と4位はそれぞれクレジット・信販会社と病院で、気になる医療機器メーカーは6位で残業が少ない業種と言えます。残業が多い業種の1位は広告業界で2位の新聞業界や、3位のEC・ポータルサイトとマスコミやメディア関連の業種が目立っています。

1位のスポーツやヘルスセンターなどの関連施設の場合は営業時間があるので残業が少ないようで、マスコミやメディア関連の業種は納期や締め切りがあるためどうしても残業が多くなると考えられます。医療機器メーカーは残業が少ない業種の6位にランクインしていますが、これは医療機器メーカーの営業職は会社に出社せずに、営業先の病院に直行直帰するところが多いためです。また医療機器メーカーの場合は80業種中で、年間休日数が多い順位でも4位にランクインしています。

残業が少ない1位のスポーツやヘルスセンターなどの関連施設の年間休日数の67位や、2位のドラッグストアの年間休日数の37位と比較しても医療機器メーカーの場合は年間休日数が多いのが目立っています。スポーツやヘルスセンターなどの関連施設やドラッグストアの場合は、年中無休で営業しているところも多く土曜日や日曜日でも出勤するのが一般的です。残業が多い広告業界や新聞業界やEC・ポータルサイトの年間休日数はそれぞれ49位・40位・15位で、残業が多くても年次有給休暇などは取得している社員が多いからと思われます。

残業が多くて年間休日数も少なかったのはコンビニエンスストアで、残業の多さは80業種の4位にランクインし、年間休日数も最も少ない結果となりました。これに対して医療機器メーカーの場合は逆に、残業が少なく年間休日数が多い業種であることが分かりました。残業が少なかったり年間休日数が多いだけでなくこのサイトに掲載されているリクルートエージェントや、マイナビエージェントのような転職エージェントには給与が高かったり、好条件の医療機器メーカーの求人など一般には公開されていない非公開の案件も多数あります。

転職エージェントに登録し気軽に担当者に相談されると残業が少ない医療機器メーカーの求人だけでなく、希望するような条件で転職先の求人を紹介してくれます。

医療機器メーカーの転職をするなら↓をチェック!

  サービス名 利用料金 支援エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

医療機器メーカー転職の基礎

条件別の医療機器メーカー求人

大手医療機器メーカーの採用情報


Copyright (C) 2014 - 2022 医療機器メーカー転職サイトランキング All Rights Reserved.